未分類

住友生命の離職率は高く、採用率も高い

投稿日:2018年9月5日 更新日:

住友生命の離職率は圧倒的に高く、住友生命の支部長くらいのポジションになると、売上以上に人員確保が非常に大きなミッションとなっています。

今から保険業に飛び込もうとしている人たちにとって、良い話に聞こえますが、裏を返せばそれだけ辞めていくということです。

今回は住友生命の離職率の高さとその理由について、保険業界にいる方も今から飛び込もうとしている方も読めば納得な情報をお伝えしていきます。

住友生命の一年離職率が80%超えても想定内

住友生命の一年離職率は80%以上でも想定内です。

現在、住友生命は人手不足で『とりあえず採用してみる』というスタイルなので、『3年在籍したら褒められる』くらいの社風のようです。

余談ですが、損保会社も採用部署によっては95%2年以内に離職するという保険会社もあります。

住友生命の管理職に意見を聞くと、『即戦力ほど即辞める』という傾向もあり、それより保険業未経験者の地道な人の方が輝く人材になるそうです。

離職率も採用率も高いのが住友生命

住友生命の人事採用は役員やエリート街道を行く『新卒採用』以外の中途採用の壁は低いようです。

『住友生命の採用に関して社内秘なので口外はできないが、反社会的行動や組織への加入、自己破産をしていなければ採用率はグンと伸びる。』

と住友生命の過去に人事採用の経験を持つOBは教えてくれました。

離職率が高い保険業界と住友生命

離職をする人が多いというのは単に、仕事が厳しいからだけではないというのが平等に話を聞いて感じることです。

どの保険会社も離職率は高く、同業内で少しでも固定給やインセティブが高いところへ転職するのは全く珍しいことではないようです。

女性を積極的に採用する国内老舗生命保険会社の特徴です。

生保レディ=スミセイかニッセイと言われるほど女性の雇用率が高い生命保険会社です。

他の企業では『男女雇用機会均等法』の制定により女性社員の雇用を積極化しましたが、住友生命は代々『女性が多い』な会社と言えます。

 

住友生命の離職理由トップ10

  • 自分に社風が合わない
  • 人間関係の問題
  • ノルマ未達による自主離職
  • 家族の転勤などによる離職
  • 結婚による離職
  • 産休後、復帰せず離職
  • 親の介護による離職
  • 生命保険の代理店や外資系保険会社への転職
  • 飛び(音信不通になり出社せず)
  • 傷病休職期間満了の離職

住友生命の離職理由を参考にすると家族の都合や産休後の離職は、女性社員の多い会社のリアルな理由に感じます。

住友生命の大量採用・大量退職の人事制度

通常の生保レディのようなセールスは、この大量採用に含まれます。

住友生命側も福利厚生など職場環境の改善など多く取り組んでいるようですが、退職率に大きな変わりはないようです。

そこで、住友生命自体多くの離職者が出ることを想定して、採用をしているというのが現状のようです。

役職者になれない住友生命のキャリア事情

住友生命はキャリア採用でマネージメント職などの積極的な雇用をしています。

年功序列で上がれる企業とは住友生命は言えないため、若いスミセイレディたちは次々と転職をしていきます。

『年収UPかキャリアUPか耐えるか』の選択肢で離職が絡むのは3つのうち2つ、離職率が高いのも納得できます。

住友生命の役職者の離職率は極低

そして、住友生命でも仮にも現場から役職者までキャリアを積むと、離職率は格段に下がるようです。

実際、住友生命で『支部長』と呼ばれる役職にまでキャリアが上がると、個人の成績ではなく、支部での成績が評価対象となります。

そして、役職者にまで生保レディから上り詰めた人材は、メンタルの強さや体力もあり、定年まで在籍する率が伸びる傾向にありますね。

その代わり、個人営業をすることが減るため役職給やボーナスは増える分、年収は上がることは少ないということもあります。

しかし、キャリアを積んでいくと在籍年数も増え、退職金も増えていきますので、途中で退職するとはよっぽどの事情がない限りないようです。

住友生命の離職率を気にするより在籍中の『実績』が重要

今から住友生命に入社をしようとしている方や、保険業界に入ろうとしている方へ、お伝えしたいのは住友生命だけが離職率が高いわけではありません。

離職率が高い会社に就職して『生き残れるのか・・・』と思っている方は、安心してください。

どれだけ、綺麗な顔をしていて話が上手な人でも3日で辞めていきます。

正直、生き残ろうとする必要もないと私は思います。特に若いセールスほど、稼げる保険会社はたくさんあります。

離職率が高いということは、裏を返せば次の仕事が決められるだけの手に職がつく仕事ができるということです。

在籍中にサボってもいい、しかし実績は見えるもので残す

住友生命に在籍中に表彰されたりやMDRTの会員になったり、ファイナンシャルプランナー2級以上を取れなければ、どこの保険会社に転職しても数年後に転職する運命が待っているでしょう。

『サボりがうまいセールスも上手い。』

しかし、口だけでなく、実績は紙で見せられるものがなければ金融業界である保険業は飛躍できません。

住友生命自体が、『離職率』より在籍中の成績を重視しており、在籍中に辞められたら困る人材になれば、道は拓かれます。

逆に、定年まで身をしっかり固めたいという方は新卒で入社していない以外は、相当な実績とメンタルが必要なので他の業種に就いた方が可能性は高いでしょう。

-未分類
-, , , , , , , , ,

執筆者: